団員募集♪

 現在、新入団員を募集中!

みなさん、わたしたちと一緒に音楽を楽しみませんか?

 

まずは、見学に来ていただき、

雰囲気を味わってみてください♪

団員一同お待ちしております!!

 

※楽器の所有など、少しだけ入団資格を決めさせていただいています。(詳しくは下記団則をご覧ください。)

 

※見学の希望や入団資格に関しては、

お問い合わせ」からメールにてご連絡ください。

 

現在の団員数(H29.7.14現在)

 

♪フルート   4

♪オーボエ  1

♪ファゴット 0  

♪クラリネット 3

♪バスクラリネット  1

♪アルトサックス 2

♪テナーサックス  1

♪バリトンサックス  0

♪トランペット 1          

♪ホルン   1

♪トロンボーン    2

♪バストロンボーン   2

♪ユーフォニアム 2

♪チューバ 2

♪コントラバス  1       

♪パーカッション  3

 

入団届はこちら↓

入団届.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 94.8 KB

 

渋川市民吹奏楽団規則

 

 

 1 総 則

 

-1<名 称> 本団は、渋川市民吹奏楽団と称し、略称をS....とする。

shibukawa citizens wind ensemble

-2<所在地> 本団の所在地は、事務局長宅とする。

-3<目 的> 本団は、吹奏楽の演奏活動を通して、地域の音楽文化の向上に寄与することを目的とする。

-4<事 業> 本団は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

 1)演奏会 年1回以上の演奏会を行う。

 2)練 習 本団の資質向上を図り、また演奏会準備のため練習、研修会を行う。

 3)その他必要と認められる事業

 

2 団 員

-1<資 格> 本団の団員は、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

 1)楽器を所有し(打楽器・コントラバスを除く)、吹奏楽を愛し、渋川市に在住又は勤務する者。ただし、市外に在住する者についても、前者と同等に活動に参加できる場合は入団可とする。なお、高校生又はこれに相当する年齢の者は、保護者の承諾を必要とする。中学生以下は不可。

 2)運営委員会が必要に応じて委嘱した者

-2<団 費> 団員は、別に定めるところにより団費を納入しなければならない。

-3<資格の喪失> 団員は、次のいずれかに該当したときは、その資格を失う。

 1)退 団

 2)除 名

-4<退 団> 団員は、退団しようとするときは、退団届を団長に提出しなければならない。  

-5<除 名> 団員が本団の名誉を傷つけ、若しくは本団の目的に反するような行為をし、又は団費を1年間納入しなかった場合は、運営委員会の議を経て除名することができる。    

 

3 運営委員

-1<構 成> 本団は、次に掲げる運営委員を置くこととし、全団員は原則としていずれかに所属する。

 1)団 長 1名

 2)副団長 2名以内

 3)事務局長、副事務局長 各1名

 4)団員指揮者 1~2名

 5)会 計 2名

 6)会計監査 2名以内

 7)盛り上げ係 若干名

 8)楽譜係 若干名

   9)衣装係 若干名

  10)記録広報係 若干名

  11)パートリーダー 各パートから1名ずつ

-2<選出と任期>運営委員会で選出し、総会の承認を得る。任期は1年とし、再選を妨げない。

-3<名誉団員>運営委員会の承認により、特に本団の発展に寄与した者を、名誉団員に任命することができる。

-4<運営委員の職務内容> 運営委員の職務内容は、総会において決定される。

 

4 会 議 

-1<種 類> 会議は、総会、運営委員会の2種類とする。

-2<総 会> 

 1)総会は、全団員の3分の2以上の出席(ただし、委任状を認める。)をもって成立し、年1回開催する。

 2)運営委員会が認めたときは、臨時に総会を開催することができる。

-3<運営委員会> 運営委員会は、3-1 1)~5)の運営委員により構成し、必要に応じて団長が招集・開催する。ただし、その他の運営委員も必要に応じて召集することができる。

 

5 会 計

-1<構 成> 本団の会計は、次の各号に掲げるものによって構成する。

 1)入団金

 2)団 費

 3)補助金及び寄付金

 4)事業に伴う収入

 5)その他の収入

-2<入団金> 入団金は、3,000円とし、入団時に納入する。

-3<団 費> 団費は、月額3,00円とする。なお、入団した日の属する月は、団費を免除する。

-4<会計年度> 本団の会計年度は、毎年3月1日に始まり、翌年の2月末日に終了する。

附 則

 昭和54年 8月 1日制定 

 昭和58年 4月23日第1回改訂

 平成 4年 4月 4日第2回改訂

 平成10年 3月15日第3回改訂

 平成15年 3月15日第4回改訂

 平成16年 3月27日第5回改訂

 平成25年 3月24日第6回改訂

 平成26年 3月23日第7回改訂

 平成28年 3月27日第8回改訂

 平成29年 3月20日第9回改訂

 

 

 

渋川市民吹奏楽団慶弔見舞金規定

 

この規定は、団員に対する慶弔見舞金の贈呈について定める。

 

第一条 団員本人の慶事に関しては祝金を贈呈する。

         結婚 金 5,000円

          (団員同士の場合は双方に贈呈する)

         出産 金 3,000円

 

第二条 団員またはその近親者が死亡した時は弔慰金を贈呈する。

 

       1、本人死亡の場合      金 10,000円

       2、近親者死亡の場合          

               1)配偶者     金  5,000円

                2)父母及び子  金  3,000円

 

第三条 団員が負傷または病気にかかり、一か月以上休業治療を要すると認定された時は、金 2,000円以内の見舞金を贈呈する。

 

第四条 団員が著しい災禍にかかった時は、金 5,000円以内の見舞金を贈呈する。

 

第五条 団員が本楽団の事業遂行中に死亡または負傷し、病気にかかった時の弔慰金または見舞金は、運営委員会の承認を経て金額を決定し、贈呈する事ができる。

 

第六条 賛助団員及び特別団員に対しては運営委員会が必要と認めたときはこの規定を準用する。

 

第七条 他の楽団に関しては運営委員会の議決によって行なう。

 

第八条 この規定によって慶弔見舞金を贈呈された者はこれに対して返礼しない。

 

        本規定は昭和58年4月23日から施行する。

        平成16年 3月27日 第1回改訂